人事担当者に良い印象を与えるには?

転職することで働く環境をゼロから変えることができます。自分にとって、より良い職場環境を探すことは社会的にもネガティブな行為ではありません。
しかし、時としてその回数が転職先の人事担当者に悪い印象を与える可能性もあります。

転職回数が多いことは、同時にこれまで勤めた会社での勤続年数も少ないといえます。正社員採用の場合、人事担当者は即戦力になり、この先少しでも長く働いてくれる人材を捜しています。しかし、応募してきた方の経歴が、あまりにも多くの会社を転々としているのは不安要素を生んでしまいます。
すべての採用担当者が悪い印象を抱くわけではありませんが、多くの担当者は採用のプロであり、すべての転職をヤル気の証だと思い込んでくれるほど甘くはないのです。

そうならないためには、面接でしっかりと説明しなければなりません。ただ説明するのではなく、相手がしっかりと納得できる理由が必要です。
以前の会社がブラック企業などの場合は正直に説明した方が相手も納得できますし、自己都合の場合でも、キャリアアップや家庭のであれば相手に誤解を生むこともありません。

一番避けなければならないのは、面接時に上手く説明できないことです。説明できなければ怠慢や忠誠心がなくて転職を繰り返していると思われても仕方ありません。また、自分よがりの理由で会社を選んできたというような理由も不適切です。これから転職を考えている方で、転職回数が多い方はしっかりと答えられる準備をしておきましょう。
転職回数がマイナスになり、なかなか内定に繋がらない方は、ここのサイト【転職回数なんて関係ない?!】も役立ててみてください。